キャベツライスの栄養成分を調べた、これは痩せれそうと話題

キャベツライスの栄養成分を調べた、これは痩せれそうと話題

K.BEAN’S.NETは雑記ブログなので、日記記事ばかりではダメ!

これからは、世の中のトレンドも発信していこうということで今回は…

今後話題になりそうな

「キャベツライス」

って知ってますか?と言う記事。

キャベツライスって?

2018年10月31日にキューピーの子会社サラダクラブ(東京調布市)から発売になった商品で、現在は地域限定商品のようです。これからのダイエット食の選択肢に入ってきそうです。

読んで字の如くキャベツを原料とした食品で、しかもキャベツの芯を加工して見た目をお米に近づけてあります。ダイエット志向の方や、食事のカロリーを制限されている人には気になる商品です。

  • 保存方法は冷蔵
  • 洗わずにそのまま調理できる
  • お米の代わりの食材として利用できる
  • サラダとしても食べられる

上記の様に手軽さも相まって、発売後から話題になってます。

価格は

キャベツをお米に見せる手間とこれからご紹介するキャベツライスのポテンシャルを考えると安いと思います。

なんと、1袋(130g)で100円

栄養成分は?これは痩せる!

栄養成分は1袋(130g)当たり

  • エネルギー 26kcal
  • タンパク質 1.4g
  • 脂質 0.2g
  • 炭水化物 6.8g
  • 食物繊維 3.8g
  • 食塩相当量 0.03g

★この値目安ということです。

この栄養成分を見ていると、キャベツライスを食べてたら絶対痩せますね

お味は?

気になるお味の方ですが

加熱をしても、甘みは少し残るそうで、食感もシャキシャキとした感じだそうです。

レシピは?

レシピはというと、早々にブログやサイトにアップされている方がおられますのでチェックしてもらえばよいかと思いますが、お米の代用として使うメニュー、例えばチャーハンやオムライスなどがメインになりそうですね。

まとめ

サラダクラブから発売になった「キャベツライス」。

【画像 サラダクラブホームページより】

1袋(130g)で100円とリーズナブル。日本人の主食であるお米の代わりに、キャベツライスを使用することによって糖質を抑えた低カロリーメニューが簡単な作れます。ダイエット食や低カロリー食の本命として、いろんなレシピと話題で広まることは間違いないです。