バスケ日本代表処分

なにやってんだよ!ジャカルタ・アジア大会、バスケ日本代表4人処分

ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表4選手が現地で買春行為に及んだとして代表認定を取り消されました。認定取り消し処分を受けたのは、いずれもBリーグに所属する4選手。京都・永田佑也(27)、大阪・橋本拓哉(23)、新潟・今村佳太(22)、滋賀・佐藤卓磨(23)。