MusoshinFitトレーニングvol.8【腹筋ローラー人の目が気になる。正しい姿勢は】

腹筋ローラーの正しい姿勢ってどんな姿勢なの?
自分のやっている姿勢がカッコ悪い姿勢になってないかな。人の目が気になります。
フィットネスジムで腹筋ローラーをしたいと思っている初心者が結構気になること。
①姿勢
②回数
③人の目
今回の記事は、腹筋ローラー初心者が少し勉強して学んだ知識を記事にしました。
京都府南丹市にあるフィットネスジムMusoshinFitに週3回(1回 40分間)の短時間トレーニングで、40代半ばのおっさんが変われるかという挑戦をしている私が素人ながら書かしていただきます。
ちなみに、MusoshinFitのホームページリンク貼っておきます。
 
✔︎本記事の内容
・フィットネスジムで腹筋ローラーをする時に気になること
・今回のトレーニング
・まとめ
 

フィットネスジムで腹筋ローラーをする時に気になること

・フィットネスジムで腹筋ローラーをしたいけど、ローラー初心者なのでどうやってやれば良いかわからない。
・やってみて、数回しかできないとか、変なフォームになっていたらどうしよう。

腹筋ローラー初心者にとって、人の目につくところでやることに抵抗がある人もいると思います。

実際、私もそうでした。

そこで、いろんなサイト・YouTubeで勉強して自分に合った方法を実践しています。

難しいことをダラダラ書いても無駄が多いので簡単に説明します。

 

①姿勢

まずは、腹筋ローラーをする姿勢(フォーム)についてです。

正直、どんな姿勢が正しくて、しかも人に見られても恥ずかしくないのか・・・

まずは、素人がなりがちな悪い姿勢ですが

【背中が反っている】という事です。

背中が反っていると必ず腰を痛めてしまうそうです。

なぜ、背中が反る姿勢になってしまうのか。

それは目線です。

私もそうだったんですが、腹筋ローラーを見ながら行っていました。

腹筋ローラーを目で追ってしまうことで、顎が前に出てしまって腰が反ってしまいます。

腰も痛めてしまいますし、私は肩に予想以上の負担がかかっていました。

ポイントは、目線ということがわかったのでまとめました。

修正した正しい姿勢のポイント
・腹筋ローラーは目で追わない
・目線は下、もしくはお腹を見るくらい
・無理して立コロはせず、膝コロでOK
・ローラーを目で追ってしまうと、自然に顎が出てしまい背中が反ってしまうので、初心者によくある事なんですが、ローラーが気になっても目で追わない。これ大切です。
・ローラーを見ない目線は、どうするか。床を見るか、もしくはお腹を見るくらいが良いです。そうすると背中が猫背になって、腹筋ローラーをする理想の姿勢になります。
・腹筋ローラーは立った状態からしないといけないと思っている人が多いと思いますが、初心者は膝をついた状態、いわゆる【膝コロ】で十分トレーニング効果はあります。いろんなサイト、YouTubeでも同じことが言われています。立コロは見た目もいいですしカッコイイですが、相当鍛えないとカッコよくできません。素人は怪我の元です。やめましょう。
 

②回数

腹筋ローラーの回数についてですが、これは人によって違うと思います。

腹筋ローラーを始めたての初心者で初ローラーなら、膝コロでも10回もやれば腹筋が痛いと思います。(私だけかな・・・?)

理想は、毎回のトレーニング時に正しい姿勢で行けるところまで伸ばして

10回を3セット

がいいくらいかと思っています。

個人的には、時間制限あり短時間トレーニングをしているので、この回数です。

しっかり腹筋の鍛錬ができてくれば、回数を増やしたり

カッコよく【立コロ】がイイですよね。

 

③人の目

最後は、人の目です。

フィットネスジムで腹筋ローラーを始めたいけど、カッコよくできなかったり、そもそも正しい姿勢でできているのかが心配、回数も少ししかできないなど、

気になるのが【人の目】ですよね。

私も、不甲斐ない自分を想像すると、なかなか腹筋ローラーをフィットネスジムでする気になりませんでした。

では、逆に自宅でやることも考えたのですが、自宅では性格的に絶対に続かないことは分かっている。

なので、ジムで人の少ない時に、人生初腹筋ローラーをしてみました。

結果、正しいやり方もわからず、思いつきでやっってみると・・・

とりあえず、腹筋だけでなくいろんな部位にめっちゃ効くことに気がつきました。

これは、絶対続けるべきと考えて、正しい姿勢ややり方を勉強して、トレーニングの時は毎回やる事にしました。

それともう一つ!

最初から完璧にできる人はいないから、少しくらいカッコ悪くてもいい気にしない。

そう、ジムはトレーニングをしに行くところなのです!

人の目なんか気にしない!

すぐに他の人は気にならなくなります!

少しずつ成長している自分を感じましょう。

今回のトレーニング

上半身メニューです。

40分間の短時間トレーニング。

普段から仕事で全身を使ってるので、最初のハムスターを5分に短縮。軽く汗をかく程度にして時短します。

・ランニングマシン 5分
・チェストプレス 10回×3セット
・ショルダープレス 10回×3セット
・ラットマシン 10回×3セット
・ペクトラル 10回×3セット
・膝付き腹筋ローラー 10回×2セット

BGMは「雑談力」
by Amazon Audible(オーディブル)

今回の記事は、腹筋ローラーの事を書いたのに、膝コロは10回2セットという矛盾( ;  ; )

時間切れで、2セット止まりでした。次回は3セットできるように調整します。

トレーニングのBGMは聴く読書【Amazon Audible】

今回は、「雑談力」という作品。

雑談のコツをつかめば

・人づきあいがラクになる
・誰とでも信頼関係が築ける

という内容。為になる一冊。

通勤の車や電車、トレーニングの時間を無駄にしない方法の一つです。

↓Audible(オーディブル)の紹介リンクです。試してみたい方はリンクからどうぞ。

30日間無料体験はこちらから【Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス】

まとめ

今回の記事は、フットネスジムで腹筋ローラーをすることに、抵抗を感じている方向けの内容でした。

結果、お伝えしたい事は

・腹筋ローラーは結構おすすめです。
・人の目は気にしない。気にならなくなります。

膝コロでも十分に効果はあります。

夕方のMusoshinFitにて腹筋ローラーで、もがいているおじさんがいれば私かもしれません。気軽に声かけて下さい。一緒に腹筋ローラーできるようになりましょう。

最新情報をチェックしよう!