MusoshinFitトレーニングvol.9【効果的なトレーニングとは?わかりやすく説明します】

「トレーニングの効果が見えてこない。」
「トレーニング効率をもっと上げたい。」
でも、どんなトレーニングがいいのかわからない。
 
そんなあなた、簡単かつわかりやすく説明します。
余計な専門用語やウンチクは使わずに、本当に簡単でわかりやすく説明をするので、記事の内容は薄いかもしれませんが、現在のあなたのトレーニングと比べて違いを感じれば、この記事を読み終えた時からトレーニング効率が上がった気がするかもしれません。
 
✔︎本記事の内容
・あなたのトレーニングはこんな感じでは?
・単純に筋肉痛になりましょう
・筋肉痛になるトレーニング
・トレーニング効果を助けてくれるアイテム
・今日のトレーニングと効果
・まとめ
 

あなたのトレーニングはこんな感じでは?

「トレーニングの効果が見えてこないい」

なんて悩んでいるあなた、なぜ効果が見えてこないのか・・・

ジムでトレーニングを始めてから、その効果がわかるまでは3ヶ月ほどかかると言われています。まずは継続が基本で大切なポイントですよね。

あとは、1ヶ月間、1週間の間に何回利用するかでも変わってきます。

ジムに通い始めて、少しなれてくるといろんな知識が増えて、トレーニングのやり方も決まってきます。

そんな中で、よく聞くのが、

【10回ギリギリできる負荷で、3セット】

いろんなマシンで使えるメニューパターンです。確かにいいと思います。

でも、これを続けていても

「効果が見えてこない」

というのがあなたの悩みですよね。

一体どうゆことなのか。

これは私の思っていることですが、おそらく、

あなたは・・・
単純に【10回×3セット】にこだわっている。
ということです。
よく聞く、10回×3セットをこなす事を考えるが故に
トータル30回をゴールにしてしまって、10回×3セットをすることに満足感を感じてしまっていませんか?
終わってみれば、少し疲労感を感じるだけで、
「トレーニングをやった!」
という、満足感で終わっているのです。
はっきり言って、あなたは
このトレーニングで【筋肉痛】になっていますか?
 

単純に筋肉痛になりましょう

今のあなたのトレーニング方法

【10回×3セット】法では筋肉痛になっていないのが現実。

効果の薄いトレーニング方法になってしまっています。

「効果的なトレーニング方法」などで検索してみれば、専門用語とか難しいウンチクで説明しているサイトがたくさんあります。大切なことを説明してあるのはわかるが、内容が難しくて読むのが嫌になります。

なので、

効果的なトレーニングをわかりやすく簡単に説明しましょう。

 

キーワードは【筋肉痛】

 

単純にしっかり【筋肉痛】になるメニューをこなすだけでいいのです。

10回×3セットというのは、ただの目安の回数なだけです。

回数とセット数には、なんの根拠もないそうです。

単純に【しっかり筋肉痛】にもっていく様なトレーニングをするだけでいいのだそうです。

私が利用しているMusoshinFitのトレーナーさんにアドバイスをもらいました。

 

筋肉痛になるトレーニング

単純に筋肉痛になるトレーニングを紹介しましょう。

例えば、【レッグプレス】

正しいフォームで、1回です!
MAXできる負荷で1回蹴ります。
そして、極限までスローに元の位置まで戻す。(途中で止めて負荷をかけてもいいです)
大切なのは、本当にMAX1回という事。
自分では上がらないと思うような重さです。
(かなりの負荷になりますので、怪我には注意してください)
そのMAX1回だけで、お尻と太ももに『かなりの負荷』をかけることができます。
1〜2分のインターバルを入れて3回もやれば、立った時に足がガクガクに。生まれたての小鹿のようになります。

次の日は、太もも、お尻は【筋肉痛】です。

 

かなりの筋肉痛になるということは、筋肉の細胞が負荷がかかった事によって【筋繊維】が損傷しています。

その損傷を回復しようとする事で、より強い筋繊維にしようとするので、筋肉が大きくなっていきます。

キーワードは【筋肉痛】です。

 

トレーニング効果を助けてくれるアイテム

しっかりと【筋肉痛】になって、トレーニングの負荷を感じたら、そのトレーニング効果を助けてくれるアイテムで、さらに効果を高めましょう。

トレーニング後30分までのゴールデンタイムには、

やはり、プロテインの摂取をお勧めします。

正しく筋肉に負荷をかけたら、筋肉を回復させるためにプロテインを摂取します。

海外製品、国内製品、味や価格もピンキリですが、自分にあったものを早く見つけるといいいでしょう。

 

 

トレーニング後にとるプロテインの他にも、最近注目されているのが【BCAA】と言われている必須アミノ酸。

運動やトレーニングの前や途中の水分補給で必須アミノ酸を摂取するもので、簡単に説明すれば、筋肉の運動で失われるエネルギーを前もって体内に入れておくというものになります。

この【BCAA】、体をよく使う仕事をしている私も、水分補給を兼ねて毎日飲んでます。

プロテインは作り置きには向いていないそうですが、【BCAA】の必須アミノ酸は水に溶かして時間が経っても成分は変わらないそうです。

トレーニングのお助けアイテムで、トレーニング効果をあげるのもいいですよね。

 

今日のトレーニングは

今回のトレーニングは、MusoshinFitのオーナーにやり方を教えてもらって、初めてフリーウエイトエリアでスクワットをしました。

レッグプレスよりも効かしたいところにしっかり効くトレーニングができることを発見。

これから少しずつフリーウエイトを使って、短時間で効果的なトレーニングをこなしていきたいと思います。

今回のBGMは

今回のBGMは、いつもの【聞く読書Audible】

【学びを結果に変えるアウトプット大全 (サンクチュアリ出版)】

人は、インプット(学んだこと、教えてもらったこと)を記憶に残したり、身につけるためには、アウトプットが大切という事。

アウトプットってどういう事かというと、

インプットした事を、

・人に伝える
・教える
・復習する
・やってみる

という事。

記憶に残す、身につける為には

インプット3割、アウトプット7割

いかに、アウトプットすることが大切なことかがわかる。

なので、自分が勉強したことや、気づいたことは、アウトプットしていくことが大切ですね。

 

↓Audible(オーディブル)の紹介リンクです。試してみたい方はリンクからどうぞ。

30日間無料体験はこちらから【Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス】

まとめ

  • 10回×3セットなど、回数にこだわってしまうトレーニングになっていませんか?
  • トレーニング効果【キーワードは筋肉痛】
  • 回数にとらわれずに、MAX負荷のメニューを(怪我しない程度に)
  • プロテイン、BCAAはトレーニング効果を助けてくれる
  • Audibleでの学び「アウトプットは大切です」
最新情報をチェックしよう!